人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
近鉄電車「ひのとり」 大阪-名古屋 格安乗車

名古屋に2泊3日で行くことになったので、
今回は往路は近鉄、復路はJRに決めました。

2020年3月より運航してる
「ひのとり」のプレミアムシートを予約しました。


1ヶ月前に販売開始になるので、
なった瞬間スマホから予約し、
一番前の座席を確保しました。


全く話は違いますが、
近鉄特急には昔、
おしぼりを配る専門の人がいたのですが、
今はトイレ付近にありました。


コーヒーもコンビニのような
機械が置いてあります。


一杯200円ですが、美味しく
注がれる前からいい匂いがします。
その横には同じように機械で販売する
軽食もあります。


その中には記念キーホルダーもあったり。

それと、新幹線も近鉄特急も
時計がなく時計を持ち歩かない自分は
毎回スマホを見てて、
少し不便と感じました。
その割に、ニュースが流れてきたりします。
この旅行の時はどこかの路線で
運転手か車掌化忘れましたが、
体調不良で電車の遅れが出てますと
表示されました。


特急券については、
特に割引はありませんが、
乗車券を安くする方法はあります。


普通は特急券をスマホで購入しておき、
交通カード等にチャージして、
それで改札に入ると思います。
その場合だと2,410円かかります。

しかし、株主優待券を購入すれば、
格安で乗車できます。
だいたい、大阪にある金券ショップで
自分が購入したときは
900円でしたね。
1人当たり、1500円もお得になります。
ただし、新幹線と比較すると「ひのとり」としても、
約1時間ぐらい余分に時間がかかります。

JRはJALカードでEXカードを作成し、
「EXこだまファミリー早特」で購入しました。
色々と制約はありますが、
2人分で8560円でした。


なぜか、検索サイトから表示された値段表と、


EX Press予約のHPの商品情報から表示された値段表が違います。
正しいのは、EX Press予約のHPです。

EXカードは年会費がかかりますが、
通常で買うのと比較すれば、
1人当たり2000円以上特になりますので、
かなり安いです。

EXカードで複数人分購入した場合、
キップを発券する必要があります。
券売機でEXカードを利用するか、
スマホでQRコードを表示させ、
券売機でログインパスワードを入力して
発券します。

今回購入した「EXこだまファミリー早特」は、
在来線には乗れないので
交通カードを併用するのが便利です。

改札を通るときは、
発券したキップを改札に入れ、
ピッとするだけです。


金券ショップに行ったり、
EXカードを発行したり(3週間かかりました)と
面倒ですが、
かなりお得になります。

「ひのとり」のプレミアム車両は
最高の座り心地ですが、
子連れで子供の席をとらないという
ケチったのでで、
ちょっと大変でしたね。
新幹線のように肘置きを上げれないので、
狭かったです。(嫁談)


先頭に座ったので、大阪難波から
地上に出たらしばらくの間、
正面の見晴らしはいいのですが、
眩しかったです。

運転席にカーナビみたいなものが付いており、
速度規制みたいなものが表示されてたり、
あまり見かけないものが付いてました。


今後子連れで特急に乗るなら
レギュラー車両でいいかなぁ。
1人だったら、プレミアムが良いけど、
そもそも、特急乗るかは予算次第か。
悩みどころ。
急行の3時間は結構辛いか。


おすすめ

ラピートのスーパーシートにお得に乗る方法

2020年6月23日~25日 5歳の子連れで北海道旅行

広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告