人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
獄門島

角川映画、金田一シリーズ第三弾
1977年製作、
市川崑監督、石坂浩二主演です。


内容は、
岡山県笠岡市の港に向かう途中で、
傷痍軍人と出会うも、実はケガをしてるように見せかけていた。
もしかすると、この事を犯人が気づいていれば、
今回の殺人事件は起きなかったかもしれない。

和尚、村長、医師と出会い、
一緒の船で獄門島に向かう。
金田一は、千万太の絶筆を持って
それを、和尚に渡しに来たのでした。
また時同じくして、寺の釣鐘も
戦争に使われることもなく、無事帰ってきた。

千万太には3人の妹がいる。
実は金田一は友人、雨宮の依頼で獄門島に訪れていた。
和尚には、病気で来ることができない雨宮に変わりという事だったが、
本当は、千万太が死ぬ間際、雨宮に
自分が帰らなければ、妹たちが殺されると
不吉めいた事を言うので、
雨宮は金田一に依頼していたのだ。

千万太の言うとおり、
本当に、次々と妹たちが殺されていく。
俳句の見立て殺人とわかった金田一は、
次第に真相に近づいていく。


子供の頃に見た思いと
大人になってから見るのとでは
違いがでますねぇ。

どうしても子供が出来てからは、
親が子を思う気持ちなど感情移入してしまい、
重く気持ちに乗っかってきます。

好きなセリフは
和尚の
「人の執念の浅ましさというよりは、哀れさに泣いた」


坂口良子
そして、今回も坂口良子さんが出ています。
相変わらず本編に影響が少ない役柄です。

ピーター
さらに、ピーターも出演
今回と「病院坂の首縊りの家」で、
なかなか重要な役どころを演じています。

珍しい人物が若いころに出ています。
池田秀一です。

池田秀一
有名なのは「ガンダム」シリーズの
シャア役ですよね。
若いころは声優ではなく、
役者として活躍されてました。

浅野ゆう子
若いころで言えば、
浅野ゆう子が3姉妹の長女役で
出演されてます。

また、荻野目洋子、荻野目慶子が子役で出てます。
正直、これは見ても聞くまで、解りません


おすすめ

映画紹介 犬神家の一族(1976年版)

映画紹介 悪魔の手毬唄


広告
広告
広告
広告
広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告