人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
悪魔の手毬唄

角川映画、金田一シリーズ第二弾
1977年製作、
もちろん、市川崑監督、石坂浩二主演です。


この作品には坂口良子は出てこないんです。残念。
しかし、

白石加代子
白石加代子が出演しています。
被害者の母親役で、
そんなに多くの場面には出てませんが、
とても好きな女優さんです。
後の作品では、すごい老婆役をやります。
今でこそ、70代後半ですが、
当時30代でこの貫禄。
スバラシイ。


内容は、
友人の磯川警部に呼ばれ、鬼首村にやってきます。
鬼首村の宿「亀の湯」で久しぶりに会うと、
20年も前の殺人事件の調査を依頼します。
数奇な運命に翻弄され
村の娘が、次々と犠牲になる。
金田一は
過去の因縁が、現在の事件の因果となってると思い、
事件の調査を始める。
意外な事から犯人がわかるも、
事件は悲しい結末を迎える。

峠のシーン
磯川警部には若山富三郎
宿の女将に岸恵子と名俳優ばかり。

もちろん、この映画では
若山富三郎の殺陣は見れません。
殺陣を見たい方は、
「魔界転生」をオススメします。


おすすめ

映画紹介 犬神家の一族(1976年版)

MUFGプラチナアメックス JALマイル還元率 最大100円=1.407マイル

広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告