人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
Smartalkを利用して海外で日本からの電話を受ける

海外で日本からの電話
みなさんどうしてますか、

今は、Lineで通話する人も増えたので
あまり気にしないのかなぁ

自分の場合は、
普段からドコモの通話回線を利用しているので
家族や友達からの連絡が
海外に行くとsimを入れ替えるので
かかってくることはありません。

また、日本のsimがそのままだと、
発信料や着信料がかかり
回数が増えれば、結構高額になります。

でっ今回紹介したいのは

SMARTalk
いわゆる、IP電話アプリです。

アプリ
設定方法(docomoの場合)
番号登録 1429にダイヤル→3→転送先の番号→#or*→#終話
転送開始 1421にダイヤル→終話
転送停止 1420にダイヤル→終話
呼出時間 1429にダイヤル→1→XXX#(0-120秒)→#→#終話

090-XXXX-XXXXを
050-XXXX-XXXXに転送します。
呼出時間を0秒にすれば、
電話をかけた人は、
090で受けてると思うぐらい
シームレスにアプリ(050)で着信・通話ができます。
転送費用も通話定額の場合は無料です。
(電話会社にもよるので確認は必要)

アプリ
050は海外にいてもネットが接続していれば使えるので
発信する場合は、050番号になりますが、
通話料も日本にいる場合と同じで安いです。

SMARTalk以外にも050plusなど
色々アプリはありますが
個人的にはSMARTalkをオススメします。

理由として、
1.維持費無料
2.留守番電話機能
3.普段からも使える

1.維持費無料
そのままですが、無料です。
もちろん通話料はかかりますが、
初期費用、毎月の維持費が無料です。
以外にこれが大きくて、
普通は、毎月かかるものが多いです。

2.留守番電話機能
留守番電話の設定をすることにより、
留守電をメールでお知らせ、
さらに、それを音声として添付することも可能です。

国際電話は前もって連絡が必要です

国際電話は登録が必要

呼出時間とメールの設定
3.普段から使える
上記留守番電話機能の設定を変えれば
キャリアの留守番電話を契約しなくても使えます。
(自分はこの機能を利用しています。)
留守番電話の設定で呼出時間があるので、
それを即時にすると、
090の番号から転送し次第、留守電となります。
毎月300円、年3600円安くなります。

ただ、注意として、
登録にはメールアドレスとクレジットカードが必要
Q&Aに
「12か月間利用料の請求を行うことがない場合、
サービス契約を解除することがあります。 」
とあるので、
1回でも発信すればOK。
ちなみに30秒8円ほどです。

初回登録は100円分の無料通話をくれるので、
通話品質のテストも可能です。


おすすめ

無料で荷物を空港まで郵送する

102ヵ国で利用できるチャージ式のsimカード。旅行ごとに購入しなくても契約するだけでOK

広告
広告
広告
広告
広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告