人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
楽天も対抗 0円維持可能に やっぱりサブ回線か?


楽天モバイルも4月1日から
プランが変わります。
大きな変更点は
基本料金0円スタートです。

昔は0円simというのがありましたが、
それを超えてきましたね。

0円simは500M未満の利用でした。
しかし、今回の楽天は1Gまでは0円です。
しかも、Rakuten Link利用なら無料通話なので、
人によっては完全維持費0円ですね。

心配なのは対応エリア
20G超えても制限なしなのはあくまでも
楽天エリアの場合。
ローミングエリアだと
5Gまでで、それ以降1Mbpsに低下するから、
楽天を選ぶ意味がありません。

自分の行動範囲が楽天エリアなら、
0円~2980円で使い放題ですが、
エリア外なら他社の方がいいです。
あと、無料通話ですが、
そもそものRakuten Linkの作りが甘い。

アプリを再起動するまで、
発信が出来ない事や、
カーナビからハンズフリー通話するときの
発信ができないなど、
いろいろ不具合があります。
(自分はハンズフリー通話が多いので致命的)
通話品質も良くない。
仕組み上仕方ないが、
wifiから回線通信に切り替わるタイミングで
音が途切れるなど
通話だけで考えるならマイナス点が多い。

ただ、これから申し込む人に言える事は、
まだしばらく維持費は0円なので、
とりあえず持ってみるのは有りです。
既に持ってる人は、1Gを超えないように、
予備として持ってるのは有り。


自分の現状と同じ使い方が可能であれば、
他社のsimでデータ通信を使い、
通話はRakutenLinkを利用し無料通話が可能です。

今、自分の端末は、
SoftbankのAQUOS ZERO2(simロック解除)に
simはUQ mobileで
楽天モバイルのsimは未挿入
RakutenLinkをインストールしてます。

通話はUQ mobileの電話番号と
RakutenLinkの電話番号の2つあり、
現状、着信はUQ mobile
発信はRakutenLinkの無料通話を利用してます。

こんな感じで利用して、
UQ mobileの利用料金だけ支払っています。
恐らく無料期間終了後も
新料金プランが出た後も
システムに変更がない限り、
料金は発生しないでしょう。


自分の結論としては、
通話品質問わない場合
・楽天エリア内は、楽天モバイル
・楽天エリア外は、他社sim(povoや日本通信など)+楽天モバイルを契約してRakutenLinkのみ利用

通話品質やアプリに不満がある場合
・他社(通話が多い人は日本通信が安い)

例えばpovoと楽天モバイルを契約し、
データはpovo、通話はRakutenLinkにすると、
月々2480円でデータ20G(超過は1Mbps)、通話し放題
となります。
もちろん、そんなにデータ通信しないよって人は、
MVNO(mineo 5G 1380円など)とか
楽天のみでもOK。


ただ、無料通話だけRakutenLinkを利用する場合、
楽天側が規制や何か変更したら
最悪料金が発生する可能性があるので注意が必要です。


大多数はとりあえず楽天モバイル契約するだけして、
使わないのがオススメ。
そしてメインで楽天モバイルを利用しないなら、
eSimではなく物理simを手に入れとく方が
いざという時に便利かな。
まだまだeSim端末は少ないし。

自分はアプリに不満があるので、
日本通信の合理的かけほにして、
楽天モバイルを解約するか悩みます。

ただ、将来的に楽天モバイルが
標準通話アプリ利用でも無料通話や
RakutenLinkの標準アプリに設定可能など
問題が解決すればメインにしますけどね。


おすすめ

アハモ(ahamo)発表で どうなる日本の通信業界

Softbankが対抗プランを発表 ahamoより魅力を感じない

auが対抗プラン「povo」を発表 最安だが拭えない横一線感

広告
広告
広告
広告
広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告