人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
電力会社乗換のススメ 関西は特に「ピタでん」が安い

最近は通信費の見直しが話題によく出ますが、
電気料金の見直しはしたことありますか?
2016年4月から小売りの自由が始まり、
多数の会社が参加し、
電気料金の競争が始まりました。

私が現在契約してる会社は
「ピタでん」という電力会社です。


もともとは、「関西電力」の従量電灯Aで契約しており、
自由化の後「ソフトバンク電気」と契約しましたが、
使用量が大幅に減ったので、
現在に至ります。

下記表は関電の料金プラン
 従量電灯A

 eおとくプラン

 なっとくプラン


ちなみに、「ピタでん」になってから約2年となりました。
最近も、わざわざ乗換えないかと店まで
営業に来てましたが、
「ピタでん」と契約してる事を説明すると
すぐに帰っていきました。
それぐらい安いという事です。

乗換にも注意することがあり、
個人的な考えなので、
もちろん試算する必要がありますが、
古くからオール電化やエコキュートなどを導入してる
家庭は、なかなか難しいと思います。
というのも、
季節や時間帯別に電気料金が変動するプランと
契約してるからです。
そのため試算が難しく、
さらに古くから導入してると
現行よりも安いプランで契約してる可能性が高いです。

エコキュートを導入してる自宅では、
自分なりに試算すると基本料金は下がりますが、
夜間電力料が上がるので、
逆に高くなりました。



「ピタでん」料金プランはシンプルで
2つしかありません。

・使いたい放題


・使った分だけ


の2つです。

後で自分の使用量から関電で契約してる場合との試算を出すので、
それからも判断できたのですが、
「ピタでん」の契約地域が関西に当たる人は
恐らく「使った分だけ」を選択するのが良いと思います。
その他の地域は使用量によっては
「使いたい放題」がお得になると思います。
料金が地域によって違うのですが、
関西の場合は、従量料金の単価が異常に安いので、
「使いたい放題」部分の単価より安く設定されてます。
そのためこのような現象が起きてると考えられます。

使いたい放題は
500kWhまでは固定料金
超過分は決まった従量料金となります。

使った分だけは
解りやすく全量従量料金となります。
ただし電気料金によくある、
基本料金が無料です。

ここで注意点が1つ
1年未満で「ピタでん」から他の電力会社の乗換する場合、
解約料が必要になります。
料金は2000円です。


しかし、地域の電力会社をそのまま契約してる人なら、
それぐらい1月契約してたら取り返せるとは思います。


自分は2年ぐらい契約してますが、
かなり安くなってます。


直近6ヶ月で1番使用量が多い月が
9月の686kWh
少ないのが
12月の410kWhでした。


これから紹介する試算は
基本的に同一地域なら同料金のはずなので、
燃料調整費と再エネ賦課金は含めてません。
9月は「使った分だけ」だと686kWh×21.59=14810.74円
関電の従量電灯A 341.01+105kWh×20.31+180kWh×25.71+(686-301)×28.70=18150.86円
差額が3340円
12月は「使った分だけ」だと410×21.59=8851.90円
同じく従量電灯A 341.01+105kWh×20.31+180kWh×25.71+(410-301)×28.70=10299.66円
差額が1447円

「ピタでん」の試算(1月分で計算)では、
年間20000円ぐらい節約できると表示されました。

昔と違ってスマートメーターが導入されてる
家庭が増えてきたと思います。
スマートメーターであれば、
契約してる電力会社の次回検針日から切替るので、
通信会社を変えるより簡単です。

万が一スマートメーターでなくても、
申込してから、1ヶ月ぐらいで交換してくれると思います。
(自由化当初は2ヶ月以上かかりました。)

料金のシミュレーションだけでもどうでしょうか?



おすすめ

アハモ(ahamo)発表で どうなる日本の通信業界

Softbankが対抗プランを発表 ahamoより魅力を感じない

auが対抗プラン「povo」を発表 最安だが拭えない横一線感


広告
広告
広告
広告
広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告