人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
3歳の子連れ in 台北・中壢旅行
今回の目的は


それのみ
観光は考えていません
食って食って食いまくるのだ。


旅費の内訳
出発前日
1日目
2日目
3日目
帰国日


追記 旅費の内訳
まず航空代
関空-桃園 往復
Vクラス 大人2人子供1人
大人が 32000円 + 燃油 6530円 = 38530円
子供が 24000円 + 燃油 5170円 = 29170円
合計 38530円 × 2人 + 29170円 = 106230円

ホテルはエクスペディア 8%off クーポン利用 総支払額です。
台北が2泊 22163円
中壢が1泊 9218円
合計 31381円

両替 セディナカード使用
9000+1000=10000元 36590円

別途 クレジットカード払い
21381円

これ以外には高速代、駐車場代などあるが
それらは含めず。

総計 195582円


ただし、
航空代は全てeJALポイント(マイル交換)で支払っているので、

実際には
宿泊費+両替+その他=89352円と70000マイルです。


70000マイルをeJALに交換すると105000P
足らずのeJALポイントは
以前にJALからキャンペーンで頂いた2000Pがあったのでそれを利用。


ここで、特典航空券に詳しい人は思わないだろうか70000マイル使うのであれば、
なぜ60000マイルで3人分の特典航空券にしないのかと

マイル加算表
計算してみました。
特典航空券でも燃油は必要なのでその合計が18230円です。
特典航空券にはマイルは発生しないので、0マイル
計 60000マイル 18230円です

eJALの場合マイルが発生しますので、1062 × 3人 = 3186マイル
初回搭乗マイルが2人で4000マイルなので(JALカード持ち)
合計7186マイル
実質70000 - 7186 = 62814マイル

どうですか?

さらに、実際には夫婦でJGCなので初回搭乗で+3000マイル
嫁は入会搭乗ボーナスがつくので+2000マイル
子はJALカード家族プログラム毎年初回ボーナス+1000マイル
関空-桃園のマイルもボーナスがついて
結局 合計 19734マイル貰えます
(自分:サファイア・嫁:JGC・子:普通)

実質70000 - 19734 = 50266マイル

計算してみるとお得でしょ
一概に特典航空券がお得というわけではない。
しかも、eJALは現金払いと同じなので
好きな便を取ることができますからね。


先頭へ戻る


出発前日
職場から関空に荷物を配送しました。
今回はJAL便で行ったので
手ぶらチェックインサービス
を利用しました

荷物伝票

これが便利で、関空で荷物を受け取ることなく
桃園空港で荷物を受け取り出来ました。
費用もMUFGプラチナを利用したので
無料です。


1日目
9時頃出発の便だったので
6時ころに関空に着きましたが、
まだカウンターが開いておらず、
30分くらい待ちました。
エコノミー3人前と荷物タグをもらい、
すぐに出国手続きを済ませ、
kixカードにポイントを付け、
待望のサクララウンジに向かいました。
(ぼてぢゅうにも行きたかったですが、時間的に諦めました)

このために、昨年50回乗りましたよ
プロペラ機の恐怖を感じながら・・・。
そしてクレジットカードを切替えて夫婦でJGCに。

小さい子がいると、有難いですねラウンジは
子供が騒ぐと、困惑しますが静かなうちは親は楽ができます。
普段食が細い我が子も、食べてくれました。静かに。

JALの機材

自分は念願のカレーを食べることができたので、Goodです。
ここで、スマホからsimを抜いときました。
桃園でsimを買うので準備です。

さくらラウンジ

で出発の時間となり、
小さい子が一緒なので優先搭乗させてもらえ。
満席でしたが、手荷物も頭上に置くことができ
助かりました。

機内より

桃園空港に無事到着したあと、
ATMで出金と中華電信でsimと悠遊カードの購入
SIM 300元
悠遊カード 100元
チャージ 300元
合計 700元×2人=1400元でした。
思ったより、使いますね。

ゲートを出たところのATMで出金をしたのですが、
メチャクチャ時間かかりました。
人数は少なかったのですが、
前に並んでいる中国系のグループ
なかなか現金がでないのか
15分くらいかかってましたよ3人で
特に最後の人が、なかなか終わらなくて
最終的にはあきらめてました。

ここで、情報があります。
人が多いときは隣の窓口か
地下鉄改札付近にあるATMで出金してください。
2ヵ所もありました。
誰も並んでいません。
2018年3月時点です

ATMはセディナカードで出しましたが、
これすごいお得です。
レートが3.659でした。
利息も帰国後すぐに払ったので100円まででした。
(空港で9000元、台北で1000元出してます)
ペイジー払いなら振込手数料無料
海外ATM利用料無料でした。
窓口両替よりもお得です。

雙連駅にあるホテルに地下鉄で向かいました。
この地下鉄は飲食厳禁です。
ですが、旅行者で何か飲んでる人いましたけどね。
見つかったら罰金です。

ATMで時間がかかったので、
ホテルに着いたのが15時
チェックインしました。
今回お世話になったのが、
優美飯店です。
何処に行くにも便利でしたが、
個人的にはもう少し夜市が近いとよかったですね。

ホテルのスナック類、ラーメンもありました

自分は使いませんでしたが、
無料wifiルーターの貸し出しがありましたよ。
部屋に入って、荷物を置いてたらまずは
そう、
遅ーい、お昼御飯です
それに選ばれたのが
黄記魯肉飯
へ行きました
ここの
魯肉飯
これが最高でね
他にも卵とモヤシ炒めみたいなもの
最初嫌がってた3歳の子も
魯肉飯食べましたよ、卵は1個まるまる食べて
追加した親の分も奪う気満々でした。

魯肉飯とモヤシ炒めと卵

ちなみに、この後も食べるのでシェアしてます。
日本語のメニューもあり注文は指さし確認でOK

この後、徒歩数分の
脆皮鮮女乃甜甜圈(女乃は本来1文字)
写真はないですが、
ここのドーナツ美味しかったです。
結構並びましたけど。

次は、タクシーに乗って
オークラとニッコータイペイに行きました。
目的は
ヌガー
今回の旅行で何キロ買うねんというぐらい
嫁が買ってました。
賞味期限一ヶ月ほどやのに。

オークラは欲しいのが要冷蔵なのであきらめて
ニッコーでヌガーとパイナップルケーキを買いました。
結局この旅行中にもう一度来て
ヌガー追加で購入してます。
かなり嫁は気に入ったみたいですね。

ここで、お得情報
ニッコータイペイのヌガーを売っている
ロイヤル・ベーカリー
ここ10%割引にできます。
OneHarmonyの会員になることです。

ニッコー、オークラ、Hotel JAL Cityの会員です。
会員特典で10%offになります。
支払いは現金でもカードでもOK
会費は無料です。

ヌガーを買った帰り道に見つけたお店です。
普通に路上で売ってました。
ベビーカステラみたいなやつですが、
味は少し違いました。
美味しかったです。

路上販売

この後は徒歩でホテルへ一度帰ってから、寧夏路夜市へ行きました。

夜市にある、
方家
という店なんですが、

方家の鶏肉飯、魯肉飯、魯豆腐

鶏肉飯が最高に旨い
他にも魯肉飯、魯豆腐も最高です。
あと、なんか野菜炒め的なやつも食べました。

うちの子は鶏肉飯と魯豆腐1/2ぐらい、
バクバク食べてましたね。
普段も食べて欲しい。

この後は、フレッシュジュース飲んだり
シフォンケーキ買ったり、
胡椒餅食べたりしてました。
個人的には、このお店の胡椒餅は好みではないです。
シフォンケーキ凄く美味しかったです。オススメ


うちのお子様はゲームに夢中でしたね。
パチンコ玉を上から入れて
指定の通路を抜けたら入れた数だけ倍の玉が出る
これは他のゲームも含めて全体的にそうですが、
ゲームの最終目標がわからなかったです。

何をしたら何がもらえるとか謎です。
他の店にはドラゴンボールの神龍みたいなカードを渡してる店もあり、
もしかしたら7つ集めろ的な事なんでしょうか?

夜市を楽しんだ後、ホテルへ帰りました。
さすがに疲れてか、風呂に入ってすぐに寝ました。


先頭へ戻る



2日目
朝はホテルの朝食を頂きました。
ここのホテルを予約した理由は朝食が楽しみだったんです。
でも旅行前になって、
ホテルの朝食がなくなったというのを
ネットで見かけたので
予約したExpediaに確認すると、
やっぱり終了していて、
とても残念な思いだったのですが、

来てみると
また始めましたとチェックインでチケットをもらい。
期待をしていたんですが、
前の情報と比較すると、
残念な朝食でした。
選ぶオカズが少なくとても困りましたね。
残念すぎて全く写真がありませんでした。

雙連朝市

朝食後、雙連朝市へ行きました
この写真の左右に店があるんですが、
この真ん中の道、車通ります。
注意してください。

結局ここでは何も買いませんでした
朝市を抜けたとこに駅があるので、
そこから地下鉄に乗って
101の方へ行きました。

台北101

台北101へ 入りませんでした。
なんか展望とか
興味がなく
とりあえず、鼎泰豊へ
開店に間に合ったので、
最初の1回目で入れました。
思ってたより広いですね。
なぜか
撮影ポイントがあります

撮影ポイントから撮影

3歳がビックリするぐらい食べました。
エビ焼飯、ほとんど間食、小籠包2つぐらい
普段からみたら、食べ過ぎ

マンゴーチャチャに行った後、
マンゴーチャチャはドコモクーポンにあります。
例えば、マンゴーかき氷 全種類20%off

タクシーで台北駅へ行きました。

台北駅

新光三越で新規オープンの
フルーツジュースが飲める店と、
嫁の希望で京盛宇、
糖村にも寄りました。

思ってたよりも、三越は混んでました。おそらく現地の方だと思います。
後、ブラブラしてから地下鉄で、ホテルへ戻りました。
台北の地下街は、どの駅も広いですね。
全部を見たわけではないですが、
利用した駅はどれもが大きいです。

夜ご飯は士林夜市へ

劍潭駅から徒歩8分ぐらい
いろいろなお店がありましたが、
すごく並んでいたので、
地下にある美食区まで
何処もよらずに、とりあえず行きました。

美食区

まあ、すごい活気です。
呼び込みも激しい。
降りてすぐのステーキも惹かれましたが
結局は普通のお店へ
揚げたカニが食べたかったし。

他も注文してたら、
すごい勢いで、チンジャオロースを進めてきます。
カタコトの日本語で、メニューにないも連呼
じゃそれもと頼んでみたら、

日本のとは見た感じも味も違います。
これはこれで美味しいかったです。
肉よりも野菜が美味しい。

チンジャオロースとカニ

他のお客さんにもチンジャオロース進めてました。
定員がやたらとこっちを見るから、
美味しいでと言っときました。

カニは期待が高かったのか
普通でしたね。

ところで、台北ってどこで食べても
小籠包 美味しいですね。
もちろん鼎泰豊は最高なのかもしれませんが、
その1/3の値段で食べれるので
コスパ最高です。
でも、ここのお店というか、
美食区はお値段 少し高めの設定と感じました。

このあと、地上に出て
子供が謎の前回と同じパチンコ玉を打つゲームです。
布マスクやスマホケースなど買ってると

小鳥占い

最初は、小鳥が日本語を話せるのかと
誤解しましたが、
小鳥占いとかいうやつみたいです。
小鳥がカードを足でつまんで
それで占うというやつらしいです。
ちなみに英語も喋れるそうです。

このあとはホテルへ戻りました。


先頭へ戻る



3日目
台北は最終日です。
今日のうちに
中壢に行きます
地下鉄の名前で書くと環北駅まで行きます。
空港線の2018年3月現在では終点です。
だいたい80分ぐらいかかりますかね。
将来的にはもう少し先まで伸びるみたいです。

仕事の都合で朝一の便で帰国するので
少し、空港よりにホテルをとりました。

まず朝ごはんですが、ホテルでとらずに
台湾らしいものを食べに行くため
朝5時30分に起きました。
子供は寝巻のままタクシーで出発
中正紀念堂付近にある
鼎元豆漿

鼎元豆漿メニュー

嫁が、友達に教えてもらったお店で
ここの豆漿を食べたいという事で
眠い中着きました。

さすがに日本語も英語も通じませんが、
紙にテーブル番号と数を記入すればOK
店員もお客さんも親切で
身振り手振りで教えてくれましたよ。

小籠包

お約束の小籠包
写真を撮る前に一つ食べてしまい、
レンゲで隠しています

周りを見てもこんなに
頼んでる人はいませんでしたが、
全て美味しくいただきました。

頼みすぎました

揚げパンを豆漿にチギッて
入れても美味しいです。

結局、この店で子供は起きなかったんですが、
電車で帰ってる途中で起きたので、マクドナルドに行ってみました
ちょうど最寄りの駅前にあったし、興味もあるので。

朝のマクドナルド

ソーセージマフィンのセットにしました。
日本よりもスパイス?香草?が効いてる気がします。
ハッシュポテトは形が違うだけで同じかな
飲み物はお茶にしました。

雙連朝一付近の公園で食べました
やたらとハトがいましたよ。

この後、カルフールや林華泰茶行という茶葉屋さんに行きました。
林華泰茶行この店かなりおススメです
いろんな種類を量り売り
日本語も少し通じます。
カルフール 重慶北路店からすぐです。

台北最後の食事は
伍染玖牛肉麺(染の九が本来は七です)

伍染玖牛肉麺店内

何故か網走刑務所や脱走の暖簾があります
写真はありませんが、小籠包
あっさり牛肉麺?
エビ焼飯
もう子供がえらい勢いで食べてました。

エビ焼飯

何故か、焼飯が四角すいになってました。
どうやって盛るんだろうか

麺は名前のとおり、あっさりでしたよ。
ここは日本語メニューもあり
安心して注文できます。

この後は、ホテルで荷物を引き取り
ホテルからタクシーを利用して台北駅へ。

説明が悪かったのか、
台北捷運の台北駅に着いてしまい困ってしまいました。
というのも、
桃園空港線の台北駅までは
かなり遠くて歩くと15分くらいかかります。
運転手さんに、翻訳機を利用しても
何故か通じなかったのですが、
運転手さん側が察したのか、
手で飛行機を表して
おそらく、
「こっちの台北か」と聞かれたと思います。
なんとか、到着することができました。

ホテルのフロントとか日本語が通じる人に
タクシーを呼んでもらうか、
メモを書いてもらう方がいいと思います。

台湾の方は優しいし、親切だと思います。
電車の中ではこんなこともありました。
空港を過ぎて、もうすぐ環北駅に着くころ
子供がヨダレを垂らしてると、
となりに座っている
かなり若い女性の方が(見た感じ20代前半)
ヨダレを拭ってくれました。
これには
大変驚きました。
こんなこと日本で経験ありませんからね。
そのまま笑顔で手前の駅で降りて行かれました。
見知らぬ方、どうも有難うございました。

まぁ、いろんな事があり、
無事、環北駅に着きました。
ここからはGoogleMAPを見ながら
歩いて
古華花園飯店へ

古華花園飯店

ご注意ください。
おすすめは、駅からタクシーです。
台北と違い、道が悪いので
スーツケースを持ってるとなかなか
大変な思いをします。

それと、通る道に
いかがわしいマッサージ屋や
歩道を占拠する車やバイクがありますので、
ご注意ください。
駅にタクシー止まってるのに
地図で見ると近いから油断しました。

ホテルへチェックイン後、
足つぼマッサージへ行きました。
大師姐足體養生館

大師姐足體養生館

自分は足裏のみ
嫁は足裏と上半身をしました。
上半身は写真右側から
中に入り、着替えと、
専用のベッドがあるようです。

思ってたよりも安くないかな。
日本の安い店と変わらない値段
ただ、少し時間が長いような気がします。

足つぼは、まずソファーに座ります
ビビンバの石鍋を大きくしたようなやつに
お湯と、漢方?が入り、
そこに足を入れます。
すごいのが、この石鍋ソファーの前に備え付けで底の栓を抜くと直接排水できます。
聞いてみたら、そのまま外に流れてるみたいですよ

オットマンを置いてくれて
そこからマッサージが始まります。
日本と比較すると
そこまで痛くないです。
効いてるという感じもないですが、
終わった後は、スッとしてるから
やはり、効いてるんでしょうね。

この後、
中壢觀光夜市へタクシーで行きました
思ってたより近いのですが、台北のタクシーより高く感じました。
ボッタくられた?ということではないと思います。

鶏肉飯と魯肉飯
台北で食べれなかった、鶏肉の揚げた大きなやつや、
フライドポテト(味付けは選べます)
鶏肉飯と魯肉飯、多すぎて残しました

鶏肉飯と魯肉飯

で、一番美味しかったのは
手作りドーナツ
1個12元で1つ買って美味しかったから
追加で3個買いました
素朴な味で、さらに出来立てだったからか
すごく旨い

この後、ファミリーマートに寄って
ホテルへ歩いて帰りました。


先頭へ戻る



帰国日
ホテルから桃園国際空港 T2まで
タクシーです。
チェックイン時にお願いしていて
金額も確認してました。
空港まで600元です。
カード払いもできるそうですが、
ホテルに払うということと、少し高くなるので
現金払いにしました。

チェックイン後すぐに、
サクララウンジに入り、ゆっくりしてました
朝一なのでまだ誰もいませんでした。

桃園空港のサクララウンジにて

機内食の事を考え
少しだけと思ったのですが
やはり我慢できずに
かなり食べてしまいました。
この後、デザートも食べてしまい
予想通り機内食は
ほとんど食べれませんでした。

桃園空港のサクララウンジの飲み物

関空で、プライオリティパスを持ってるので
今うわさのぼてぢゅうに寄ったら
満席30分待ちだったので
もうそのまま帰りました
すこし残念です。
(現在は出発便前にしか利用できません)

台北-関空の機内食

これで、2018年3月台湾旅行を終わります。
20年振りの台北、子供の時の記憶とは全く違った。
また、行きたいと思います。


先頭へ戻る



おすすめ

海外旅行にオススメの保険クレカプラス。手持ちのクレジットカードに追加補償

102ヵ国使えるAirsim

広告
広告
広告
広告
広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告