人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
Taste of Premiumが優秀 トラストクラブ プラチナカードを発行


カード発行に至るまで
カード特典
持つのに向いてる人は


カード発行に至るまで
一時期、年会費が格安のプラチナカードとして、
騒がれたカードを今回申請できました。
実は3月頃に一度申請してたのですが、
発行不可でした。
もちろんカード会社は詳しい理由は
教えてくれませんが、
当時、何か審査で弾かれる要因があるのか
すごく悩んでました。
人によっては何度チャレンジしても
審査落ちすることもあるらしいので、
そのたぐいかと思いましたが、
今回通ったことで一つ思いついたことがあります。



このカードを申請するにあたり、
本人確認書類にほとんどの方が利用するであろう、
免許証それ以外にもう一つ必要なんです。
これは自分のミスですが、
それを提出してませんでした。

前回も免許証以外提出した記憶はないので、
2回目も同じことをしてます。
ちなみに、引落口座の登録はオンライン申請をしてました。

申請日は、9/2です。
本人確認書類が2点必要という事を
わからないまま1週間待ちましたが、
審査の連絡がないので、
問い合わせしてみると、
ここで初めてミスを知りました。

電話で教えてもらったことは、
・本人確認書類の不備(不鮮明や不足など)
・口座が未登録
の場合に限らず、
申込確認書類が普通郵便で郵送されるという事です。

これは審査前に書類で送付するようと聞きましたが、
3月に初めて申請したときは
届きませんでした。
特に今回は書類の不備があるので、
それの返信があって初めて
審査が始まるそうで、
これが届かない事には
前に進みません。

もしかしたら3月の時は
その書類が郵便事故で届かなかった可能性があります。
自宅は何度か郵便事故の経験があり、
自分宛の書類や荷物が届かなかったり、
他人宛の郵便物が届いてたりと、
結構杜撰な郵便局なんでしょうかね?
そのため、電話口で
いつ発送するか確認して
あまりにも日数がかかるようなら、
再度問い合わせすることにしました。

結局は10日後の9/12にポストに投函されてました。
翌日に書類を全て送り返し、
審査を待つことにしました。
審査結果は17日にメールで届き、
カードが届いたのが25日、
受取が26日となりました。

休みが多いのも関係しますが、
こんなに発行まで時間がかかるのも、
珍しいです。
しかも、本人確認書類2点は
初めての経験でした。


先頭へ戻る


カード特典
大きく分けて
・トラストクラブのサービス
・マスターカードのサービス
とあります。

正直トラストクラブのサービスは
他にカードをもってるなら
さほど目を見張るものはありません。

例えば、
ポイントの還元率もギフトなら0.5%なので、
自分の中では悪い部類に入ります。





空港ラウンジは国内のみ。
同価格帯の格安ゴールドの場合、
仁川やホノルルなど利用できるものもあります。



家族会員は年会費無料で発行は可能です。





マスターカードのサービスは、
Taste of Premiumが利用できます。
その中でも
ダイニングby招待日和
Boingo Wi-Fi
が優秀です。

ダイニングby招待日和は
全国約200店舗+一部海外のレストランが利用でき、
2人で利用すれば、
1人無料なので実質半額で利用できます。
1度でも利用すれば、
年会費分は取り返せます。
(月2回までの利用制限有)



Boingo Wi-Fiは
4台まで全世界の有料Wifiスポットを利用できるものです。
これの優秀なのは、
日本ももちろん利用でき、
さらに、国際線で対応してるWifiであれば、
利用することが可能なんです。
自分はまだ利用したことはないですが、
通常国際線のWifiは$30などフライト中に
利用するため、割高な設定です。
それが無料で利用できるのは最高です。
登録制ですが、カードの年会費以外は
発生しませんので、かなりおススメです。



他にも、Hotel.comやBooking.ocm
タイムズやるるぶなど、
お得に利用することが可能です。

自分は招待日和とBoingo Wi-Fiを利用したいので、
申込しました。
ただ、Boingo Wi-Fiのアプリに表示される
アクセスポイントが間違ってたりするので、
若干使い勝手が悪いですが、
繋がるとモバイル回線を利用しないので、
パケットを気にしないで利用できるのが良いです。
類似サービスには「ギガぞう」がありますが、
1台の場合は182円(税別)、
5台までは455円(税別)となり、
2台利用するばあいだと、
182×2台=364円(税別)
年間4368円(税別)はカードの年会費を超えます。
しかも、国内だけです。


先頭へ戻る


持つのに向いてる人は
トラストクラブ プラチナカードを
持つのにオススメの人は、
・招待日和やBoingo Wi-Fiを利用する人
・年会費無料カードから初めての脱却
ですかね。
後は
・人とは違ったカードを持ちたい
これは個人的に思ったのは、
自分の周りで持ってる人がいないからです。
発行会社の三井住友トラストクラブは歴史のある会社ですが、
どうしても三井住友カードと思いがちで、
クレジットカードに詳しい人でないと、
別会社とは解らないと思います。

カードの内容から考えると、
トラストはダイナースクラブカードや
マスターカードのワールドエリートなどの
取り扱いがあるので、
ワンランク上のカードとなりそうです。
その割には今回紹介のプラチナカードは
年会費が3000円(税別)と破格になってるので、
付帯サービスを利用する人は
一度検討してみても良いと思います。


先頭へ戻る


おすすめ

コストコが長蛇の列なので給油せず 近くの出光で給油した

Amazonプライムの値上げでゴールドカード発行のススメ


広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告