人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
MUFGプラチナでプライオリティパスを取得
プライオリティパス プライオリティパス(PP)とは
簡単に言うと、空港ラウンジを利用するための会員権。
空港ラウンジには
1.カードラウンジ
2.航空会社ラウンジ
3.会員制ラウンジ
があります。

どのラウンジも当日の搭乗券が必要。復路便で使えるかはラウンジによる。

カードラウンジ
航空会社ラウンジ
会員制ラウンジ
ラウンジの場所や
お得にプライオリティパスを手に入れる方法

1.カードラウンジ
1.カードラウンジ
カードラウンジは対応したクレジットカードで入室できる。
カードによっては本人以外も無料で、入れるのもある。
大抵、入口にカードブランドが表示されてる。
中はソフトドリンクと一部ラウンジには有料でアルコールがある事も


先頭へ戻る


2.航空会社ラウンジ
航空会社ラウンジは、大きく分けて二通りある。
ある一定以上の座席で入室できる。
航空会社によってはラウンジが無い場合や改装中の場合もある。
そのときはミールクーポンもしくは、他社ラウンジの提供もある場合がある。
もう一つは、搭乗する航空会社の上級会員であれば、ラウンジも入室できる。
アルコールもソフトドリンクも食べ物もある。
軽食から、かなりしっかりした料理があるとこもある。


先頭へ戻る


3.会員制ラウンジ
会員用はプライオリティパスと他にはラウンジ・キーが有名です。
会員であれば、入室でき、入室人数は基本本人のみ。
契約によってはもう1人可能な事もある。
年齢によっては人数に含めずに入室も可能。
このあたりの条件はラウンジによる。
空港にもよるが、複数ラウンジが有り、ラウンジ巡りも可能な場合もある。
ラウンジによってはレストランを一定金額まで飲食可能という利用もある。
会員になるには、例えばPPの場合年会費約100~400ドル、
100ドルの場合は利用の都度27ドル必要です。
もちろん、ドリンク類や食べ物もあります。

プライオリティパス
どのラウンジも持ち出しは不可です。
マナーはしっかり守って下さい。


先頭へ戻る


ラウンジの場所
制限エリア内外どちらもあるので、空港次第です。
制限エリア外の場合はあまりゆっくりもできない。
航空券を提示する代わりに
eチケットや旅程表、アプリでも可能なことが多い。

上記3つで、利用したいのは、
航空会社ラウンジか会員向けラウンジだと思います。

航空会社ラウンジは入るのに費用が高かいです。
しかし、会員向けラウンジは、裏口入学みたいなのがあり、
クレジットカードを発行すると無料で、
何度も利用できるPPを発行してくれるカードがあります。


先頭へ戻る


お得にプライオリティパスを手に入れる方法
航空会社ラウンジは入るのに費用が高かいです。
しかし、会員向けラウンジは、裏口入学みたいなのがあり、
クレジットカードを発行すると無料で、
何度も利用できるPPを発行してくれるカードがあります。

楽天プレミアムカード年会費10000円



MUFGプラチナ年会費20000円あたりが結構メジャーです。
どちらのカードもゴールド以上なので、
カードラウンジも入室できます。
MUFGプラチナは家族分も無料で発行できるので、
実質2名まで同じ会費です。3人目からは3000円で発行できます。

プライオリティパス
楽天プレミアムは本人のみです。
これらのカードでPPを発行するほうが、
直接発行するよりもお得に持つことができます。
入室に2人目が必要なときの費用は発行元によります。
通常27ドルですが、楽天は3000円、MUFGは2000円必要です。

プライオリティパス プライオリティパス
自分は今回、PPの期限が切れたので、電話で2人分お願いしました。
1/27(日)朝お願いし、
2/2には普通郵便で到着してました。

プライオリティパス
近々、旅行する予定なのでその時利用できたらと思っています。


先頭へ戻る


おすすめ
MUFGプラチナアメックス JALマイル還元率 最大100円=1.407マイル

キャッシングにオススメ セディナカード

広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告