人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
住信SBIネット銀行を利用してる人にオススメのカード


ミライノカード ゴールドです。
後述しますが、
住信SBIネット銀行を利用してる人は
持っておいて損はないと思います。
自分もメインカードではないですが、
このカードを所持しています。


ゴールドなのに年会費が安い
還元率も最大1%
旅行保険が充実
住信SBIネット銀行で有利なサービス
デメリットは?


ゴールドなのに年会費が安い


年会費は3000円です。
さらに、年間100万円以上の利用で翌年度無料となります。
QuicPay一体型カードを選択することもできるので、
コンビニなど少額決済にも利用しやすいです。
ETCカードも無料で発行できます。
住信SBIネット銀行に口座がなかっても
申込は可能です。
審査はキビシイと話しと聞きます。
中には、ゴールドを申込したのに
ノーマルカードが届くような事もあるそうです。


先頭へ戻る


還元率も最大1%


1000円でミライノポイントが5P
ミライノポイント1000Pでスマプロポイントが2000P
スマプロポイント2000Pで2000円を
支払いから差し引かれます。
200,000円=1000P=2000P=2000円
1%となります。
有効期間も3年間あります。


先頭へ戻る


旅行保険が充実

他社のゴールドカードと比較しても
かなり優れた保険となっています。
しかも、自動付帯で、家族も利用できます。


特に海外の治療費が500万円で、
例えば、MUFGプラチナカードの場合200万円となってます。
比較すると破格なのは確実です。

MUFGプラチナアメックス JALマイル還元率 最大100円=1.407マイル


先頭へ戻る


住信SBIネット銀行で有利なサービス

このカードの重要ポイントで、
住信SBIネット銀行口座を持っていれば
必須と言っても過言ではないぐらいサービスがあります。
口座にランクがあり、
そのランクが上がると
無料ATM利用回数、無料振込回数が増えます。


しかもそのランクが2つ上がります。

近年の銀行事情 新生銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行

他には、カードローン金利が年0.1%引下げになります。


先頭へ戻る


デメリットは?

メリットもありますがもちろん、
デメリットもあります。
・空港のカードラウンジは利用できない
他社のゴールドカードは空港のカードラウンジを利用できますが
ミライノカードゴールドは全く利用できません。

・家族カードは発行できない
旅行保険は本会員が発行してるだけで利用できるのですが、
家族カードがないため、
家族で合算して年100万円利用とかはできないです。

・ブランドはJCBのみ
JCB以外は発行できません。
VISAやMASTERの方が加盟店が多いので利用できる店舗が世界で見ると少ないですが、
国内では問題無いです。
JCBの優待はもちろん利用できます。


・JALマイルに交換は割高
ポイントをJALマイルに交換することも可能ですが
還元率が100Pで40マイルのため
20000円で40マイルとなり
0.2%なのでかなり悪いです。
マイルを貯めるなら他のカードが良さそうです。


先頭へ戻る


おすすめ

エポスファミリーカードゴールドの申込方法について

Amazonプライムの値上げでゴールドカード発行のススメ

広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告