人生をのらりくらりと楽しむ メール
 ←クリックお願いします  
改悪:マイ・ペイすリボ年会費優遇条件改定
2019/11/07 追記
11/6にマイ・ペイすリボについて何か変化があったか調べていたら、
かなり表記が変わってました。
それが、下記のものです。

対象カード
10/4に追記したときと見比べると
はっきりと
「Amazon Mastercardゴールドは、本改定の対象となりません。」
と記されています。

電話でも確認しましたが、
前回応対時の話しが間違っており、
Amazonゴールドは対象外と聞きしました。

このため、下記の内容は
Amazonゴールドのことで書いてますが、
自分の場合でいうとヒルトンカードや
他にはANAカードなどが該当します。
ここまでが 追記内容(11/7)です。


2019/10/04 追記
対象カード
この2日間ネットでAmazonゴールドカードが今回の改悪対象外みたいな内容を数回見ました。
そのため再度、三井住友カードに電話で問い合わせしました結果、対象となると聞きました。
1回目はこの記事を書く前、2回目は4日の朝です。
どちらも、今回改定で利息を支払う事が条件に変わった対象カードか確認しましたが、
どちらの担当者も対象になると聞きました。

今後も、あらたな情報が出れば確認したいと思いますが、
対象カードか不明な場合は、ご自身でも確認してください。
まだ、先の話しなので、担当者もまだ完全には理解していない可能性もあります。

上記画像元
ここまでが 追記内容(10/4)です。


2021年1月までに年会費を支払う場合は、
マイ・ペイすリボの設定をして1回でも利用すれば、
年会費の割引を受けることができますが、
2021年2月以降の支払い分からは、
リボの設定をしてかつ手数料のお支払いが条件となりました。

今までのように、
カードの利用枠一杯、リボ払いの設定をして、
手数料がかからないようにしていると、
年会費が必要になりました。

優遇条件
さらに、マイ・ペイすリボ登録のカードが
2枚あれば、2枚とも利息を払う必要があります。

ただし、2021年2月以降の支払いなので、
2021年1月の年会費支払いまでは問題ないです。
2019年10月現在は、
とりあえず、1年以上余裕があるので、
次の年会費はまだ大丈夫です。

自分が持ってる対象カードは
・Amazon Mastercardゴールド
・ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード

各々カードの締日、引落日、利率が違うので、
考慮して利息を払わないといけません。
さらに、引落日に近い日で支払うと、
元金から利息を計算しても1円以上にならないと
支払い実績に残りません。

自分の場合で計算をしてみました
あくまでも机上の計算なので、
最終的にはご自身で確認してください。

Amazon Mastercardゴールドの場合
年利15%です。
マイ・ペイすリボの最低設定金額は
10000円となっています。
少なくとも、10001円以上利用しないと、利息が発生しません。

利息の計算式は
元金×利率÷365(閏年は366)×日数

例 11000円利用してマイ・ペイすリボの設定が10000円

上記の場合、11000-10000=1000円が引き落ちる
翌日に利息込みで支払う場合、
1000×0.15÷365×1=0.410958
支払う金額は1000円となります。
そのため、利息が発生しません。

1000円の場合は、
3日後でないと1円を超えません。

さらに、
今回導入される年は閏年となるので、
注意が必要です。


利息計算表
自分の計算では、
翌日に払うのであれば、
2500円が切りのいい数字でいいかと思います。

閏年は
計算上2440円で1円
それ以外は
2434円で1円を超えます

とはいえ、1円未満の端数は、
必要ないので、一緒だと思いますけど。


とりあえずは、まだ1年以上あります。
ただ、今までのように利用枠一杯まで
広げて、リボだけど、1回払いというのは
通用しなくなりました。


おすすめ

カードが届いたら行う、マイ・ペイすリボの設定方法

Amazonプライムの値上げでゴールドカード発行のススメ

広告
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告